オートローンの選択方法

オートローンはどの様な方法で選択するのかというと、基本としては、マイカーローンかオートクレジットかを選ぶことになります。マイカーローンは銀行や損害保険会社、JAバンク(農協)、ろうきん(労働金庫)の金融商品であり、オートクレジットは自動車ディーラーや信販会社の金融商品です。手続きが手軽で手早く済むものがいいなら、オートクレジットがいいでしょう。けれど金利面から考えるとマイカーローンよりは高めで、かつ返済が全て終わるまで所有権が金融会社側にあります。一方、マイカーローンは車本体の購入だけでなく免許や車検費用にも使え、金利もオートクレジットより低いという強みがあります。支払いが済んでいない状態でも、購入した人が車の所有権を持ちます。デメリットは、手続きがクレジットに比べてやや面倒で審査に時間がかかる点です。申し込み時には、源泉徴収票、住民票、自動車購入証明書類、運転免許証などの書類がそれぞれ必要となります。この点はどちらのオートローンでも似たようなもので、会社によって少し違いがあります。
残価設定型という新しいタイプのオートローンもあります。メーカー系クレジット会社から提供された、残価設定型リースのバリエーションです。何年か後に車を下取りに出すことを前提に、下取り価格を購入時の価格から引いてローン組むというものです。最終支払時に返却、乗換、残価支払のいずれかを選択することができるので大変便利です。下取りを前提としてローンを組むことで月々の支払額を減額できますし、その後は買い取っても売り渡してもいいということになるのが、このローンの特徴と言えますね。
| 日記

オートローンとは

オートローンのしくみを追究してみたいと思います。では何のローンのことでしょうか。車を買う時に組めるローンのことを言います。マイカーローン、自動車ローンという名称がつくこともあります。

オートローンには、車を買う時以外にも利用できる方法があり、運転免許を取得するためにかかるお金や、車検を受けるためにかかるお金のためのマイカーローンというものもあります。また、自動車を分割払いで買う時に、信販会社のオートクレジットという金融商品を利用するという方法もあります。

またオートローンの場合、借入目的も基本的には自動車の本体価格のみが対象です。けれど、オートローンにも色々なものがあり、自動車学校の学費や車検代、または車の修理費用でもローンを組めるというタイプも存在します。

今までは、購入先の自動車ディーラーからローンを組んでもらうというパターンか多かったのですが、この頃はオートローンにも色々あります。金融商品にオートローンを含む会社も増加し、会社の系統も銀行や損害保険会社、信販会社、消費者金融など様々です。

変動金利か固定金利かは、契約の際に十分考えるべきところです。金利面から見ると、使い道が決まっているオートローンは使い道が決まっていないカードローンより金利が優遇されています。オートローンの審査に通過するためには幾つかの条件がありますが、他のローンとオートローンとの利用合計額が年収の50%以下で年間返済額が年収の40%以下であること、月々一定の収入がある成人男女であることが前提となります。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。